スタートアップへ転職する時の見極めポイント①〜採用に狂っているか〜


仕事柄、転職相談やキャリア相談を受けることも多く、特にスタートアップでのキャリアや転職を考えている方の相談を受けることも多いので、個人的に思っている「スタートアップへ転職する時にここを見るといいスタートアップに出会いやすいよ」と思っているポイントについて書いてみたいと思います。

 

「いいスタートアップ」という言葉にはいろいろな定義があるとは思いますが、個人的に思っているのは以下の3点。

 

  1. 経営陣や同僚は、敵わないと思うくらい優秀か
  2. 能力以上の仕事、チャレンジすべき仕事がどんどん社内に出てくるか
  3. 自社の理念や文化に沿った意思決定の軸を持っているか

 

だと思っています。

 

働く人にとってスタートアップで働くメリットは、会社が成長していく過程で自分の能力をストレッチしないといけない仕事にどんどん取り組むことで自分の成長スピードを加速させることができること、だと私は思っています。ビジネスパーソンとして自分の力をつけたい、そう思っている人にとって面白い環境であることは確かです。

 

ただし、スタートアップだからといってどこにでも転職すればいいとも思っていません。もちろんどのスタートアップも死ぬ物狂いでやっているのですが、残念ながらうまくいかないことも多く、結果的に転職した人にとって「スタートアップで働く魅力である、自分の能力をストレッチさせないといけない仕事」に取り組むことができず、ただ年収を下げただけ、という知人も多く知っています。

 

 

残念ですが、

スタートアップへの転職は「成長しているか」「今後も成長していくか」どうかでメリットがあるかどうか、は変わります。ただ、面接や面談の中だけで判断していくのも難しい。直感に頼ったり、知っていそうな人に聞いたり、くらいしか基準がないことも多いです。

 

 

そこで今回、

私が仕事として多くのスタートアップを見てきた中で、こういう基準でスタートアップを選んだら、転職者にとって「よい選択」となることが多いのではないかという基準を書いてみたいと思います。(過去私は何回かの転職の際に、このような基準で選んできましたがどの会社も上場するまで成長したりしているので一定仮説としてアリなのでは?と個人的に思っています。)

 

 

さて、前置きが長くなりましたが1つめの基準。

 

 

採用に狂っている会社かどうか

 

 

ちょっとポジショントークのような基準で申し訳ないですが、スタートアップにおいて、いる人以上に競争優位性を築ける要素はありません。

 

スタートアップ経営者で採用の成功体験を持っている方であれば、ご理解いただけるかと思いますが、本当に優秀な人が入社してきた時の会社や事業の成長スピードの加速度、ステージの引き上がり方はとんでもないことになります。

たった1人の入社が会社の命運を一気に変えてしまうほどのインパクトがスタートアップの採用にはあります。

 

「採用に狂っている会社」というのは事業内容や規模に関わらず、結構びっくりするレベルの人を採用できたりするものです。そしてそういったスタートアップには優秀な人が続々と集まってきます。その集まった人が会社や事業のステージを一気に引き上げてくれる。そんな好循環が生まれ、優秀な人が多い会社になれば次からも優秀な人が採用できるようになり、結果的に組織が強くなる。このループを繰り返してきてできたのが今のリクルートさんであり、DeNAさんであり、サイバーエージェントさんであり、メルカリさんであるのかな、と思っています。

 

そういう意味で間違いなく「採用に狂っている会社であるかどうか」はとても大事。

 

 

どうやって「採用に狂っているか」どうかを見極めるか

 

 

とはいえスタートアップを始めどの企業もみんな口を揃えて「ウチは採用に力を入れている」と言うはずです。(ウチはそこまで採用に力入れていないから、という会社は論外です。)

 

そんな中で、どうやって「採用に力を入れている」ではなく「採用に狂っている会社」はどうかを見極めればよいのか。(採用に力を入れている、というのもすごいことなのですが、やはりスタートアップは「採用に狂っている」くらいでないと、会社のステージ以上の人は採用できないと思っています。)

 

 

あくまで経験則の中で、ですが、

「採用に狂っている会社」は以下のような特徴が選考過程に出ることが多いです。

 

  • 社長はじめ経営者の仕事のうち、50%以上採用に使っている
  • 1次面接が人事→2次が現場責任者→3次が社長、などではなく、1次からがんがん社長が出てくる
  • Wantedlyなどのスカウトも社長自ら行っている
  • 応募意思が固まっていなくても、迷うことなく会って情報提供してくれる
  • 選考が進むにつれ、社員の方がどんどん何名も出てくる
  • 選考以外の場でも積極的に会って、いろんな話をしてくれる
  • 必要であれば遠距離であっても何の躊躇いもなく会いに来てくれる
  • 意思決定するために必要な情報開示に積極的

 

 

あたりでしょうか。

 

「採用に狂っている会社」はとにかく社長はじめ経営陣の採用に対するコミットメントが高く、実際に多くの人に会い、会社のことを真摯に伝え、求職者の方の話を聞くことをめんどくさがらず時間を使っています。

それは場所も問わないことも多く、自社に必要だと思う人材がいれば、多少遠くても会いにいき、一緒にご飯を食べながら、会社の事業や今後の目指す姿などを楽しそうに話してくれる会社が多いです。総じて、そういう会社では社長自らどんどん欲しい人材に連絡してきてくれたりします。(一方で、採用に本気でない会社は、そこまで大きい規模ではないのに、わざわざ秘書の方から事務的な連絡に終始してしまう会社も多い、なと感じます。。。)

 

また社員含め会社として「採用」の優先度が高いため、選考に対して多くの社員が協力的ですし、(協力という考え方ではなく、採用活動はみんなでやるものだと思っていることが多いです。)選考に時間を使うことに躊躇がありません。

 

 

形だけでもそう見せることはできるんじゃないの?と思われるかもしれません。

 

 

スタートアップの経営者は事業成長のためにやることは多岐に渡ります。本当に多忙な方が多い。その中で採用に業務の多くの時間を使うのは生半可なことではないですし、パフォーマンスでできることではありません。

 

実際に、私が採用の相談を受け、採用に強い会社は上記のような時間の使い方をしてますよ!とお話しても、ほとんどの場合は「そんなにやるのか」「忙しいし、そんな時間は取れない」「人事がいたらなんとかならないかな?」のような話になり、実行まで至る場合は稀です。

 

そのくらい、経営者が先頭をきって採用活動に時間を使っている企業というのは「狂ったほど採用に熱心」な会社である可能性が高いです。そしてそういった会社は今は採用がうまくいっていないとしても、いずれ優秀な人が集まることになり、入社した人によって事業が成長し、さらに優秀な人が集まり、というサイクルに入ってくると思います。

 

 

ぜひスタートアップに転職を考えている方、スタートアップで面接を予定している方がいましたら、今受けているもしくは受けようとしている会社は、「採用に狂っているか会社か」を見てみたらいかがでしょうか。

少しでも参考になりましたら嬉しいです。

 

 

よろしければFacebookTwitterフォローしてください!


Skett :: 日程調整を30秒で!採用担当の時間がうまれる