いつまでも業務が改善しない、オペレーションが煩雑、、の真犯人は社内ルールや習慣では?


Skettをリリースして約2週間。

すでに70社以上の企業様にご利用いただいており、嬉しい限りです。

 

 

Skettは日程調整を30秒で終わらせることで採用に携わる方のオペレーションを劇的に改善できるサービスなのですが、いろいろなご質問をいただく上でオペレーションを改善できるどうか、業務を効率化できるかどうかは「社内ルールや習慣」が大きいのだな、と気づくことがありました。

 

 

 

よくいただく質問として

 

 

「複数の人を同時に調整して日程かぶったりしないですか?」「連続で面接したい場合など利用できますか?」などの質問をいただきます。

こういうオペレーション上の課題は、実は簡単です。Skettでももちろん解決できています。

 

 

 

ただ、意外と難しいのが下記のような場合。

 

 

お客様(以下お):空いている日程で入れて欲しくない日程がある場合は、どうしたらいいですか?

石倉(以下石):カレンダーで予定入れてもらえば、出ませんよ。Skettはあくまでも空いている日程から候補を提示するので

お:それが難しい場合はどうしたらいいですか?

石:入れて欲しくない日程をカレンダー上に予定入れておくのが難しいのってなんでですか?

お:社内でみんな予定あっても入れていないので。。

石:お。。。そうですか。。。

 

 

もしくは

 

 

お:ウチの会社のルールとして予定を入れる際は必ず確認取らないといけないのですが…そういう場合はどうしたらいいですか?

石:業務効率化のために空いているところに面接入れたらダメですか?と聞いても難しそうですか?

お:毎回予定入れていいか聞かないと予定いれられないです。。。

石:うーん、とすると毎回確認しないとだし、Skett使っても楽にならないですね…

 

みたいなパターン。。

 

 

 

どちらもそうなんですが、

ベンチャーなのに毎回社長や面接官の予定を抑えるのに事前に許可とらないといけない、とか。そもそも自分の予定をしっかりカレンダーに入れてない、など、、、謎の社内のルールや習慣があってオペレーションが煩雑になっているのをツールで解決できないか?という質問です。

 

 

 

結論、できません!!

 

 

 

もちろん、ちゃんと予定があればカレンダーに予定を入れているような企業様であれば、Skettはお役に立てます。(ほとんどの企業さんはそうだと思いますが)

 

実際のオペレーションで時間のかかる、カレンダーを確認して空いているところを探したり、複数同時に調整していたら希望日程がかぶってしまって再調整、などの時間を大幅に削減できます。(おそらく1件5〜10分かかっていたのを30秒くらいまでには減らせます)

 

 

 

ただ、社内のルールや習慣を変えることはできません。。

 

 

業務を効率化する、オペレーション負荷を減らすことを阻害しているのがこういった社内文化だったり、社内でのルールは意外と多いのではないか、と。

 

残念ながら、こういう場合はツール入れてもよくならないです。オペレーションが大変、煩雑になっている理由が「社内のルール」ですからね。

 

 

カレンダーなんて共有しているわけで、その時点で入れていいかどうか?を聞くなんて全く意味ないですし。入れて欲しくなければブロックしておけばいいわけで。。それにカレンダーに予定入れてないってどうやって予定管理しているんでしょうか…

 

 

 

業務効率化とか仕組み化という言葉が好きな人は多いですし、現在は無駄な長時間労働は止めようみたいな流れはありますが、、、こういう無駄な社内ルールや社内文化を見直すところから始めてみたら、、、という会社も結構あるんじゃないかな、と思っています。

 

 

 

今日は以上です!

 

 

Facebooktwitterもお気軽にフォローください。

 


Skett :: 日程調整を30秒で!採用担当の時間がうまれる