ベンチャー/スタートアップ専業でハンズオン型の採用支援をやっています


SmartHRで採用責任者をやられている勝股さんが「リーンにつくるエンジニア採用ページ」というのを公開されていたのを見て、あぁ人事もどんどんリーンでいろんな施策を小さく回していくことは大事だよな、と改めて強く思ったので忘れないうちに、私もリーンに、小さく、トライアルで事業の宣伝をしてみようかなと思い、記事を書きました。

 

 

すでに多くの方にお話ししているのですが、2017年4月から弊社で「ベンチャー/スタートアップに特化したハンズオン型の採用支援事業」をスタートさせており、現在10数社のお客様の採用活動を一緒になって行っています。

今まであまり記事やSNSなどで事業の内容やなぜそれをやっているかなどをお伝えしたことがなかったので、今回はそれを伝えようかなと思っています。(興味ある方は記事の途中にお問い合わせフォームも用意しましたのでお問い合わせください。)

 

 

 

ベンチャー/スタートアップに特化したハンズオン型の採用支援事業の概要

 

 

採用支援、というとどういう組織を作るべきか、どういう人を採用すべきかなどを一緒に考え、採用戦略を作り、施策立案をする、などの採用コンサルティング的なことを思い浮かべる方も多いかもしれませんが、弊社で提供している「採用支援事業」はそういった上流の戦略、設計部分だけを行うのではなく、ベンチャー/スタートアップが苦戦する「良い人を集める」ための実行部分をまるっと、もしくは一部請け負って毎日必死に運用、オペレーションまで行います。

 

 

具体的にいうと

  • 採用ターゲット設定や募集要項の作成、修正、更新
  • Wantedlyの記事作成、運用、応援拡散、スカウト運用(ソーシング、文面作成、スカウト送信、チューニングetc)
  • ビズリーチやGreen、その他ダイレクト型(運用型)媒体の運用、スカウト運用(ソーシング、文面作成、スカウト送信、チューニングetc)
  • エージェントとのコミュニケーション、打ち合わせetc
  • 日程調整などのオペレーション

 

などの業務をまるっと弊社で請負い、運用をしています。

 

本来、媒体の運用をもっと手間暇かけてやらないといけないと思っていても、人事の方が一人でやっているとなかなか運用しきれなかったり日々のオペレーションで手一杯になり、新しい施策が打てなかったり、などといったことはほとんどの会社で起きているのではないか、と思いますが、その中でも成果を出すためにノウハウは必要だがそれ以上に「工数」の要素が大きいところをまるごと、もしくは一部請け負うことで、採用を担当している人事や経営者の方が「候補者の見極めや魅力づけ」「組織や採用戦略を考える」などの本当に時間をかけないといけない業務に集中しながら、採用成功も実現する、といったことをサポートしています。

 

 

もう少し細かく、利用いただくと良い企業様のイメージや価格、実績のお話もお伝えします。

 

 

  • どんな企業が使っているの?

具体的な社名は申し上げられませんが、現在10数社の企業の採用業務を請け負わせていただいています。利用いただいている企業様の層も10名前後のスタートアップから一部上場企業まで広くなっておりますが、以下のようなパターンの企業様が多いです。

 

  1. 事業拡大に伴い、毎月数名などのペースで採用しないといけないが人事専任不在もしくは1人など少人数でやっており、手が回っていない(必要最低限しか採用施策ができていない)
  2. 人事は数名いるが、エージェント主体の採用活動をダイレクト主体の採用活動に変えていきたい。だがノウハウと工数がない
  3. 現状、Wantedlyやリファラルなどで採用しているがなかなか採用がうまくいかない。本業も忙しいので、アドバイスやコンサルなどもしながら運用もサポートしてほしい(まだ経営者が採用をやっているケース)

 

 

  • どのくらい成果が出るの?

成果の定義は、利用企業様の目的/ゴールによって違うので一律には言えませんが、弊社で運用して1ヶ月で応募数が2倍以上に増える、ダイレクト採用の比率が倍になる、本当に求めていた質の高い候補者に数人会える、などの成果は出せているかと思います。

 

間違いなく1つ言えることは、依頼いただいた時点に比べて「状況が変化しない」という例はありません。

 

 

  • どんな人が担当してくれるの?

基本は私も運用に入ることはありますが、基本的に弊社で採用しているスタッフが専任として担当させていただきます。まだまだ人数は多くないですが、全員が元ベンチャーでの採用業務経験者であり、かつ社内で媒体や職種ごとの運用ベストプラクティスを常に共有している状態のメンバーが日々そんな細かい運用しているの?というレベルで運用しています。(リアルタイムに社内Slackでノウハウやtipsの共有なども行なっているので、日々効果最大化のためのチューニングを行なっています)

 

 

  • でもお高いんでしょう?

詳細の金額は利用企業様の運用ボリュームによって多少違いますが、イメージとして若手の人事担当の給与分相当の金額で請け負わせていただいています。成果報酬もいただいておりません。

(まだ10名満たないようなスタートアップで本当に数名だけ採用したいから、アドバイスとWantedlyの運用だけしてほしい、といったようなライトなプランも別途ご用意しています。)

 

 

 

ウチだったらいくらでできるの?こんなこと困っているんだけどできる?など含め気になる方は下記よりお気軽にお問い合わせください。

 

お問い合わせはこちら

 

 

 

 

なぜこの事業をやろうと思ったのか?

 

 

 

いくつか理由はあるので順番にお話しします。

 

 

まず理由として大きいのは「人事の働き方を変えたかった」というのが大きいです。

私が株式会社働き方ファームを設立したのは自分の働き方を変えようということがきっかけではあるのですが、それをもとに「働き方や仕事が少しでもなめらかになる」ことを提供する会社でありたいと思っています。

じゃあどんな仕事をしている人を対象にする?と考えた時に、真っ先に浮かんだのは「人事」でした。しかも採用担当。

 

 

人事、採用担当という仕事は私もやっていてやりがいもあるし、好きな仕事です。ただ、ふと一歩引いてみると、以前に比べて「転職希望者のDBに対し、企業からアプローチする」というサービスがとても増えています。広告掲載して待つだけ、という以前のスタイルに比べ「企業ひいては人事が一生懸命動いて、なんとかやっと求職者の人に会社に来てもらえる」というスタイルになっています。

 

それ自体が良い悪いではないですが、結果として人事/採用担当の仕事量、労働時間は増えました。もしかしたらみなさんの会社でも一番長く働いているのは「人事」ということは結構あるあるなのではないでしょうか。

 

 

もちろん戦略での差別化や、社内協力体制をどう作るか、などの手はあれど簡単にいってしまえば「人事が頑張ってガッツでスカウトを送れば送るだけ応募者が獲得できる」という状況でもあります。

ただ、これ、すごく大変ですし。時間がかかります。

採用難の時代ですから新しいサービスも増え、またどんどんスカウトを打つ対象が増え、、、の繰り返し。。そういう状況になっている人も少なくない数見てきました。

 

これって本当に良い姿なのか?

本質的に続いていくべきなのか?それが採用力なの?と思うと、、、なんか違うかもな、と。

もっと「自社の組織を強くするには」「事業を伸ばすにはこういう人がいるのでは?」「社員が頑張ろうと思う環境はどうやったら作れるか」などなど、本当は考えたり時間を使わないといけないことがあるのにそこまで辿り着いている人がすごく少ない。

採用業務だけで見ても、もっと候補者に対し自社のことを伝える、会社のことを知る、候補者のことを知る、そういったことに力を使うべきです。

 

 

でも現実、採用業務をやると一番時間使うのは「媒体運用」と「オペレーション」だったりする。

だったらこの業務をまるっと誰かがそれ専任でやったらいいのでは?しかも専任でやったらノウハウも溜まるし、運用も細かくできるので結果的に採用候補者を増やすこともできる、そう思ってやり始めました。

 

 

 

 

また「人事の働き方を変える」というのは自社の社員、メンバーについても同じです。

上記にある通り、人事はとかく労働時間が長くなったり激務になりがちです。職種特性上、女性が比較的多い仕事でもあります。そうなった時に、ライフイベントの変化などによって、人事の仕事は好きだしスキルアップしていきたいけど働き方的に無理、そうなってしまいキャリアが断絶してしまう人も多く見てきました。

 

ただ、弊社のような事業の仕方であれば、

人事のスキルを高めることはできますが、日々の運用は実は場所や時間を問わずできることも多いのでキャリアを諦めないまま働き方を柔軟にして働くことが可能です。

 

そうすることで、人事や採用といった専門性を持ったメンバーがやりたい仕事を諦めることなく、働き方をそのタイミングタイミングに合わせて働けるようになる、とも思っています。(実際、弊社のメンバーは時短やリモート、週3などでも勤務できていて人によって柔軟に働いています)

 

 

この事業をやるもう1つの理由

 

 

 

もう1つ理由があります。

それは「良い会社に良い人が入るようになってほしい」ということです。

 

私自身、ベンチャー/スタートアップで働くということが好きですし、周囲の仲間でもすごい人や良いなーと思う会社もたくさんあります。ただ残念ながらそういった企業が「良い人」を採用するのは本当に大変です。

 

私たちがやっている事業はカテゴリーでいうと「RPO」と言います。Recruitment Process Outsourcingの略ですね。

実は調べてみるとリクルートさんを始め、各人材会社はどの会社もRPOを提供しているのですが、ほとんどの場合「大手向け」かつ「応募来た後のオペレーション代行」だったりします。確かに募集を出せばたくさん応募が来る大手はそれで良いかもしれませんが、ベンチャー/スタートアップはそもそも「応募が来ない、少ない」で苦しんでいます。

 

でもそれを解決する手段が媒体やエージェントといったチャネル以外では存在しない。しかも現行のRPOはベンチャー/スタートアップには正直高い…

 

これはなぜか?と考えたのですが、おそらくシンプルに「解決できる人があまりいないから」なんじゃないか、と。

 

 

ベンチャー/スタートアップで採用を成功させていくためには大手とはまた違うノウハウややり方、スキルが必要です。また現在の採用マーケットや最新手法もキャッチアップしていかないといけない、、、

 

一方、ずっとこの領域に関わってきたからというのもありますが、なんとなくではありますが「こうやったら解決できそう」という想いも持っていました。

ベンチャー/スタートアップが困っている「応募が来ない、少ない」という領域に対して、ベンチャー/スタートアップでも負担にならない、なんとか払える価格で提供できるサービスができるんじゃないか、と。

 

であるならば、自分がやることで好きなベンチャー/スタートアップに、良い人が入って業界が盛り上がっていくことを応援できるんじゃないか、そう感じたことも1つです。

 

 

 

この事業を行うには、先に弊社で人事を採用しないといけません。運用やる人がいないと何もできませんので。自己資本かつ小資本でやるのには、先に人件費というキャッシュが出ていくモデルは重たく、拡大スピードも一気に、とはいきません。。

 

でも私がやらないと誰もやらないんじゃないかな、と思っているので少しずつですが、多くのお客様の採用活動を一緒に進めていければと思っています。

 

 

採用で困っている、人事採用したいけどそこまで待っていられない、、などあればお気軽にお問い合わせください!

 

お問い合わせはこちら

 

 

 

今日は以上です。

 

 

FacebookTwitterもお気軽にフォローください!

 

 

 

 

 


Skett :: 日程調整を30秒で!採用担当の時間がうまれる