期間工の教育って厳しい・難しいの?

  • URLをコピーしました!

期間工先で違いがありますが

期間工の受け入れ教育があるメーカーも多くあります。

今回は期間工の受け入れ教育を経験を踏まえて軽くまとめています。

目次

期間工の教育

期間工先は大手の企業なので社会性が皆無な人を働かせるわけにはいきません。

会社内ではなく、世間の目から大手で働いてる人間が常識や礼儀すら知らないのは対外的にはよくありませんし

最低限のマナーも知らない子供はいらないのです。

そこで期間工先次第では教育が行われます。

主な内容は

  • 挨拶
  • マナー
  • 常識
  • 仕事の基本
  • 社会人のマナー
  • 仕事の工具
  • 安全
  • 品質

これらの基本を学ぶことになります。

期間工の助手

メーカーによっては一週間以上の時間をかけて学ぶことになります。
これは企業側にとっては、莫大なコスト増でもあります。

これだけの時間と資金を投入してるので

間違えても軽く考えない様にしましょう!

期間工の技能員

中には挨拶すらまともに出来ない人も普通にいますし
働きにいくのに、マナーや礼儀すら知らない人が多すぎるのが原因です。
私の時もビックリするような人が多数いましたね(;’∀’)
普通のレベルにすら到達していない未熟な人の多い事多い事
そこいらの企業では得られない高額な報酬と環境なので
最低限の力は身に着けよう。

難しい・厳しい?

期間工の教育で気になるのが

その厳しさや難しさだと思います。

簡単に言うと、厳しいですが簡単です。

厳しいとは言っても、大企業の優良社員の優等生の厳しさですw

これが耐えられないなら、他では厳しいですね。

特に挨拶や声出しの練習はしっかり行われるので、声は出せるようにしておこう!

まとめ

今回は教育内容ではなく

期間工の教育が厳しいか難しいかの答えですので、教育内容については省略しています。

期間工の教育は楽しく過ごせるレベルなので

社会性など最低減の常識を身に着けよう!

期間工のおすすめはこちら⇩

人気記事(経験談)

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

期間工から超大手の正社員に採用されて人生大逆転!
結婚してマイホームまで買っちゃった「期間工の技能員」です。
期間工からの視点とメーカー側の両視点からおすすめの情報をお届けします。現在は仕事+サイトを複数運営中
[期間工ブログ」をメインに据えて活動中です。

目次